ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

オスプレイ事故で見たポピュリズム新聞

オスプレイ事故で見たポピュリズム新聞

Wikipediaより(アゴラ編集部)

読者に迎合するジャーナリズム
米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄県の沖合で起こした不時着事故の新聞を読んで、どこまで正確な報道、的確な論評なのだろうかと、考え込みました。読者がいかにも怒りそうな書き方をする習性が気になってしょうがありません。何かにつけポピュリズム(大衆迎合)政治の批判をする新聞自ら、ポピュリズムの罠にはまっているのではないでしょうか。

それを「新聞ポピュリズム」と名付けてみました。この場合は「読者迎合型新聞」を意味します。東京新聞(中日新聞と一体)の一面題字下に「読者とともに」という宣伝文句が載っています。読者のためになる情報を分かりやすくという意味ならば、歓迎します。それが無意識あるいは意識的に、不正確、誇張、感情的な記事を書き、読者に迎合しているならば問題です。表面的な動きに振り回されず、問題の本質をに到達できるよう、記事を掘り下げるべきです。