ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

コロンビアでブラジルのサッカーチーム搭乗のチャーター機が墜落

コロンビアでブラジルのサッカーチーム搭乗のチャーター機が墜落

シャペコエンセを乗せたチャーター機には燃料がなかったとの報道も/(C)Getty Images

11月28日シャペコエンセのチームを乗せたチャーター機が、コロンビアのメデシン郊外に墜落。70名以上もの犠牲者が出た惨事について、事故原因となった機体には燃料がなかったのではないかと『ESPN』など大手メディアが報じている。

墜落前、チャーター機の機長が発した言葉は「電気系統のトラブル」「燃料が足りない!」であり、実際に交信記録として確認されている。

現地コロンビアで調査を行っている航空会社社長アルフレッド・ボカネグラ氏は、「最初に電気系統に問題が起こり、そのあとの墜落は燃料不足によって引き起こされた可能性が高い」と述べているという。

また、メデシン以外の別の空港に向かうにしても30分から45分の飛行が必要になり、その時間に耐えられる燃料さえも積んでいなかったとされている。実際に墜落時に炎上しなかったことから、機体に燃料がほぼ残っていなかった可能性が高いようだ。

現時点で全容は不明の段階だが、墜落した機体からブラックボックスを発見し、その中の音声データやフライト記録などを解析する作業に入っており、その調査が完了するまで今後数カ月を要すると見られている。