ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島県山中に墜落

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島県山中に墜落

焼け跡が残る墜落現場から担架を搬送する自衛隊のヘリコプター=鹿児島県鹿屋市で2016年4月8日午前9時57分、本社ヘリから津村豊和撮影

 航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属の飛行点検機「U125」(乗員6人、全長15.6メートル)が鹿児島県鹿屋市の御岳(おんたけ)山中に墜落した事故で、自衛隊は8日、現場付近で心肺停止状態で見つかった6人全員の死亡を確認した。6人が搭乗していた空自隊員とみて、身元の確認を急いでいる。

 現場の状況から、同機は山のふもと側から山頂側に向けて衝突したとみられ、山に接近して回避できず、低い高度のまま衝突した可能性が高まった。

 搭乗していた隊員は、機長の平岡勝3佐(46)▽副操縦士の原口司1尉(34)▽機上無線員の白鳥博己准尉(52)▽同じく聞間祐太3曹(27)▽機上整備員の渡貫郁夫曹長(43)▽同じく米沢鉄平2曹(34)。

 空自などによると、墜落現場は標高約900メートルで、木がなぎ倒された方向などから、ふもと側から山頂に向かって衝突したとみられる。管制との交信をはじめ、直前まで異常がみられないことなどから、杉山良行航空幕僚長は8日の記者会見で「機材トラブルではないと思う」と述べた。

 空自は現場からフライトレコーダーとボイスレコーダーを回収した。空自の航空事故調査委員会が分析して原因解明を進める。