ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

着陸失敗のアシアナ航空機、撤去作業開始 広島空港

着陸失敗のアシアナ航空機、撤去作業開始 広島空港

本格的な撤去作業が始まったアシアナ航空機(11日午後3時32分、広島空港で、本社ヘリから)=笹井利恵子撮影

 広島空港(広島県三原市)で4月14日、着陸に失敗し、その後空港敷地内に保管されていた韓国・アシアナ航空機の本格的な撤去作業が11日、始まった。24日にも完了する見通し。

 この日は、フォークリフトや高所作業車を持ち込んで、部品の取り外しなどが行われた。同空港事務所によると、機体は解体後、トラックなどで運び出される。

 事故では、着陸しようとした同機が滑走路手前の無線アンテナに接触するなどし、乗客ら計27人が負傷。機体は4月下旬に滑走路脇から駐機場横の草地に移された。事故原因調査のため、運輸安全委員会が保全指示を出していたが、6月12日に解除された。