ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

着陸失敗のアシアナ航空機撤去 広島空港19日全面再開へ

着陸失敗のアシアナ航空機撤去 広島空港19日全面再開へ

 広島空港で着陸に失敗し、滑走路から外れて停止したアシアナ航空機。奥は空港ターミナルビル=4月15日

 国土交通省は9日、4月のアシアナ機着陸失敗事故で破損した広島空港(広島県三原市)の無線設備の復旧が完了し、事故前と同じ運用を、19日朝から再開すると発表した。

 国交省によると、設置工事完了後、8月下旬に計器着陸装置(ILS)の検査を実施していた。空港西側からの着陸は段階を経て、今月中旬から精度の高い「カテゴリー3(CAT3)」で運用する。

 事故は4月14日夜、ソウル発のエアバスA320が東側から着陸する際、通常より低い高度で進入。滑走路手前の高さ約6・4メートルの無線設備に接触して滑走路を大きく外れて止まり、乗客乗員81人のうち25人が負傷した。