ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明

濃霧の中、捜索へ向かう陸上自衛隊の隊員ら=7日午前、鹿児島県鹿屋市(写真:産経新聞)

 鹿児島県上空で6日午後、航空自衛隊入間基地(埼玉県)に所属する航空機「U125」(6人搭乗)が消息を絶った事故で、自衛隊や鹿児島県警などは7日朝、約600人態勢で捜索活動を再開した。同機が墜落した可能性があるとみられる高隈山地(同県鹿屋市、垂水市)での捜索活動は悪天候のため難航したが、乗員の空自隊員とみられる心肺停止状態の6人と、機体の一部とみられる破片が見つかった。

 捜索拠点が置かれた高隈山中腹の牧場には早朝から隊員らが集結。6日の捜索は海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)のモニターで白煙を確認した地点周辺が中心だったが、7日は捜索の中心を約4キロ北側に修正するとともに、鹿屋基地のカメラなどで煙が確認された南側にも範囲を拡大した。

 U125は6日午後1時15分ごろに鹿屋基地を離陸したが、午後2時35分ごろ、鹿屋基地の北約10キロの地点でレーダーから機影が消えた。同機には空自入間基地の飛行点検隊に所属する機長の40代の男性3等空佐と副操縦士、整備と無線を担当する隊員各2人の計6人が搭乗。鹿屋基地にある戦術航法装置(TACAN)の電波状況を点検する任務に当たっていた。