ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

沖縄・粟国空港で第一航空の小型双発機DHC-6が滑走路逸脱

沖縄・粟国空港で第一航空の小型双発機DHC-6が滑走路逸脱

沖縄・粟国空港でオーバーランし、フェンスに衝突した小型プロペラ機=28日午前(同空港管理事務所提供)

 28日午前8時55分ごろ、沖縄県粟国村の粟国空港で、着陸した小型プロペラ機が滑走路をオーバーランし、フェンスに衝突した。
 乗客乗員14人のうち数人が手や首の痛みを訴えるなど軽傷を負い、全員が村内の診療所に搬送された。
 粟国空港管理事務所などによると、プロペラ機は19人乗り。民間会社「第一航空」が運航する定期便で、同日午前8時半に那覇空港を離陸した。着陸の際にタイヤがパンクしたとみられ、大きく右にそれフェンスに衝突して停止した。
 第一航空によると、プロペラ機の機長は「通常通り着陸したが、ブレーキをかけた後、機体が右側に寄ってしまった」と話しているという。
 機体の前半分と右の翼がフェンスを越えて茂みに突っ込み、機首部分と右プロペラなどが破損。燃料漏れが確認されたが、火災はなかった。このトラブルで滑走路は閉鎖された。