ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

大阪・八尾空港で小型飛行機墜落・炎上 4人死亡

大阪・八尾空港で小型飛行機墜落・炎上 4人死亡

八尾空港に墜落した小型機=大阪府八尾市で2016年3月26日午後5時6分、本社ヘリから三村政司撮影

 ふらついた小型機が滑走路脇に墜落し、黒煙が立ち上った。大阪府八尾市の八尾空港で26日夕に起きた墜落事故。大破した小型機のもとに消防車や救急車、ドクターヘリが駆けつけ、サイレンの音が鳴り響いた。消火剤が散布された機内に向かって消防隊員が「大丈夫か」と大声で叫ぶなど、現場は騒然となった。空港のすぐそばには住宅街が広がっており、付近の住民らは大惨事を不安そうに見守っていた。

 事故を目撃した近くの主婦(71)によると、小型機は失速した状態でほぼ真下に墜落し、特に操縦席が大破したという。その20~30秒後に炎と黒煙が上がった。「空港の近くに45年間住んでいるが、墜落の瞬間を見たのは初めて。スローモーションのように見えた。今でも足が震えている」と不安げな様子。「最近、飛行機が住宅街に墜落する事故も相次いでいるので本当に怖い。もし民家に落ちていたら大変なことになっていただろう」と漏らした。

 近所の男性(70)は事故を起こしたとみられる小型機について、「いつも見るのと違う飛行ルートを飛んでいるのでおかしいと思った。その3~4分後、空港の方から地響きのような鈍い音が聞こえた」と話した。事故の直前には小型機から「キュ、キュ」という異様な音が聞こえたという。

 空港周辺には大きな衝撃音が響き渡った。近くで建設業を営む桜井正人さん(46)は、「突然『ボーン』と大きな音が聞こえた。滑走路を見ると、飛行機の胴体が真ん中で折れ、火が噴き出していた。燃料も漏れ、小型機の周囲が一気に火に包まれた」と事故直後の様子を語った。