ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

大阪・八尾空港で小型飛行機墜落・炎上 4人死亡

大阪・八尾空港で小型飛行機墜落・炎上 4人死亡

八尾空港に墜落した小型機=大阪府八尾市で2016年3月26日午後5時5分、本社ヘリから三村政司撮影

 26日午後4時20分ごろ、大阪府八尾市の八尾空港で、単発の小型プロペラ機「ムーニーM20C」(4人乗り)が着陸に失敗し、滑走路脇に墜落した。消防によると、機体が炎上し、機内にいた成人とみられる4人の男性全員が死亡した。小型機は低速でふらつきながら滑走路に進入し、突然ほぼ真下に墜落したとの目撃情報もある。大阪府警は同日、業務上過失致死容疑で八尾署に捜査本部を設置。国土交通省運輸安全委員会も事故調査官2人を派遣し、詳しい事故原因を調べる。

 同省や府警などによると、小型機は個人所有で、飛行計画の機長名に「Y・NISHIMOTO」と記されていた。所有者も同じで広島市に住む40代の男性とみられる。

 小型機はこの日午後4時過ぎに神戸空港を離陸して八尾空港に向かい、西向きにA滑走路(1490メートル)に進入して着陸する際に墜落した。事故の直前、小型機から着陸のやり直しを求める無線通信が管制塔に入り、小型機は一度、高さ約20メートルまで再上昇したという。その直後に墜落したとみられる。機首を北向きにし、滑走路脇に墜落した。