ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

東京・調布の住宅地に小型飛行機墜落 東京都が調布住民に謝罪

東京・調布の住宅地に小型飛行機墜落 東京都が調布住民に謝罪

ひっくり返って墜落した小型機の機体後部。水平尾翼と垂直尾翼は燃え残っている=東京都調布市富士見町で2015年7月28日午後2時48分撮影、運輸安全委員会提供

 東京都調布市の小型機墜落事故で、都は18日、調布飛行場の周辺住民に対する説明会を始めた。飛行場を管理する都港湾局の担当者が「管理者として事故を非常に重く受け止めている」と謝罪。事故の経過や、自家用機の運航自粛要請などこれまでの都の対応を説明した。

 現場近くの中学校で開かれた説明会には約220人が参加。住民からは「単発エンジンの運航を中止すべきだ」「管制官を再度置いてほしい」などと要望が出た。「そもそも住宅地に飛行場があるのが間違い。今からでも代替を探して全面移転させてほしい」という意見もあった。

 都側は「調布飛行場は伊豆諸島と結ぶ空路の拠点。代替は大変難しい」などと答えるにとどめた。