ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

ロシア・コガルイム航空機がエジプトで墜落 爆弾の「可能性高い」

ロシア・コガルイム航空機がエジプトで墜落 爆弾の「可能性高い」

ロシアのコガリムアビア(メトロジェット)航空9268便がエジプト・シナイ半島で墜落した問題で、オバマ米大統領も5日、機内に爆発物が仕掛けられていた「可能性」があると発言した。こうした事態を受けて、墜落機が出発したシャルムエルシェイク空港の利用を複数の国が制限し始めた。

オバマ大統領はCBSのラジオに対して、爆発物による墜落の可能性を「真剣に検討している」と述べた。

こうしたなか、フランス、ベルギー、オランダ各国は自国民に、有名リゾート地でもあるシャルムエルシェイクへの移動を最小限にとどめるよう促し、ドイツの航空会社は複数のフライトをキャンセルした。

フランスはシャルムエルシェイクへの旅行は必要最低限のものにとどめるよう勧告。オランダはシャルムエルシェイク空港経由の移動を控えるよう警告している。ベルギーのレンデルス外相は、空港の安全性の確認が得られるまで一時的に、現地への旅行は控えるよう促していると述べた。

ドイツの航空会社ルフトハンザは、子会社エーデルワイスとユーロウィングがチューリッヒやデュッセルドルフからのシャルムエルシェイク便を「念のため」キャンセルすると発表。すでに現地にいる乗客には帰国便を用意すると説明している。

ロシアの旅客機はまだシャルムエルシェイク空港を利用している。

英政府はすでに4日にいち早く、シャルムエルシェイク空港と英国間のフライトを全便の運航を中止。キャメロン英首相は5日、英国民の安全が最優先されると述べている。