ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

南スーダンでアントノフ12輸送機が墜落 死者多数

南スーダンでアントノフ12輸送機が墜落 死者多数

南スーダンのジュバ国際空港に近い、白ナイル川の島で、航空機が墜落した現場に集まる人々(2015年11月4日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】南スーダンで4日、首都ジュバ(Juba)の空港から飛び立った航空機が直後に墜落し、少なくとも27人が死亡した。現地のAFP記者が述べた。地元ラジオ局は、墜落したのは貨物輸送機としている。

 現地のAFP記者によると、航空機は白ナイル(White Nile)川の島にある小さな農村に墜落した。墜落現場では警察が男女や子どもの遺体を収容しており、AFP記者は少なくとも27人の遺体を確認したという。機体は森林地帯に突っ込み、その一部や残骸などは川岸の広い範囲に散乱している。

 現場の警察によると、航空に何人が乗っていたのか、墜落時に地上で何人が巻き込まれたのかなどは分かっていないため、現在のところ死者数を発表することはできないと述べた。

 島には小規模な農村がいくつかあるという。また、南スーダンでは、地方部に飛行する貨物機が乗客を乗せることが多い。