ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

インド洋の島で発見の航空機の残骸、消息不明マレーシア機と確認

インド洋の島で発見の航空機の残骸、消息不明マレーシア機と確認

 インド洋のフランス領レユニオン島で見つかった航空機の残骸を調べる捜査員ら=7月29日(ロイター=共同)

 【クアラルンプール共同】マレーシアのナジブ首相は6日、インド洋のフランス領レユニオン島の海岸に漂着した飛行機の残骸について、昨年3月に消息を絶ったクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空機(乗客乗員239人)の翼の一部と確認されたと発表した。南シナ海上空で通信が途絶えて以来、同機の残骸が見つかったのは初めて。

 残骸は海流で運ばれたとみられる。今後の詳細な鑑定で、同機が海に直接突っ込んだのか、空中で爆発したのかなど墜落原因の手掛かりが得られる可能性がある。

 機体の主要部分は、同島から約4千キロ離れたオーストラリア西方沖の海底に沈んでいると推定される。