ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

インド洋の島で航空機の残骸発見、消息不明マレーシア機の一部か?

インド洋の島で航空機の残骸発見、消息不明マレーシア機の一部か?

残骸が漂着したレユニオン島

 【ヨハネスブルク服部正法】インド洋に浮かぶフランス海外県のレユニオン島で29日、航空機の残骸が漂着しているのが見つかった。昨年3月に消息を絶ち行方が分からないクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空機(MH370便、乗員乗客239人)の機体の一部であるとの見方が強まっており、仏、マレーシア当局などが調査を始めた。ロイター通信は、マレーシアのカプラウィ副運輸相が残骸について不明機と同型のボーイング777の翼の一部であるのは「ほぼ確実」と話したと伝えている。

 残骸は全長約2メートル。カプラウィ副運輸相は「確認には2日程度かかる」との見通しを述べた。レユニオン島はマダガスカルの東約700キロにある。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、見つかった航空機の残骸は行方不明機と同じボーイング777の部品であると米当局者が結論づけたと報じた。当局者はほかに行方不明になっている同型機はないと述べており、見つかった残骸は行方不明のMH370便のものである可能性が非常に高いという。