ef81hokutosei.way-nifty.com > 航空事故

東京・調布の住宅地に小型飛行機墜落 地上の1人を含む3人死亡

東京・調布の住宅地に小型飛行機墜落 地上の1人を含む3人死亡

墜落現場でブルーシートに覆われたままの小型プロペラ機=東京都調布市で2015年7月28日午前8時11分、本社ヘリから

 東京都調布市の住宅街に小型飛行機が墜落した事故では、飛行目的が「慣熟飛行」と届け出されていた。届け出た機長以外に4人が同乗し、日帰りで伊豆大島へ往復するという飛行計画の内容と、「操縦士の技能維持」が目的の慣熟飛行には、ギャップがあるとの指摘が出ている。「遊覧目的との境界があいまい」との声もある中、地元自治体では飛行場管理者の都に安全対策の徹底を求める動きが出ている。

 「遊覧目的の飛行でも、慣熟飛行と届け出るのが暗黙の了解のようになっている」。調布飛行場をしばしば利用するベテラン操縦士はそう明かす。

 住宅密集地にある調布飛行場。都は、騒音などによる地域住民への迷惑を考慮し「遊覧飛行、体験飛行、周辺空域での訓練飛行」などを目的とする飛行機の離着陸を要綱で禁じている。このため自家用機については、飛行場の使用目的は慣熟飛行か整備のための飛行に限られている。

 慣熟飛行は、既に免許を取得し、操縦に習熟している操縦士が、技能を維持するために行う飛行をいう。ただ法令の定めはなく、操縦の資格を持たない人を同乗させてもルール違反にはならない。「境界があいまいなだけに、慣熟飛行の届け出が遊覧飛行の隠れみのになることもある」とベテラン操縦士は話す。都調布飛行場管理事務所の担当者は「届け出の時に操縦士から聞き取りをすることはなく、虚偽があっても確認は難しい」と言う。