中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市内で起きた爆発事件の現場となった通りでは一夜明けた23日午前も、厳しい警戒態勢が続いた。普段は朝市でにぎやかな通りだが、事件の影響で朝市は開かれず、人通りは少ない。