「TC90」(防衛省提供)

 2016年2月29日、関係者によると、日本政府は、南シナ海で中国との緊張が続くフィリピンに、退役した海上自衛隊小型プロペラ練習機「TC90」(5人乗り)を、この春にも貸与する予定だ。

 TC90のベース機はキングエアC-90で、アメリカ・ビーチクラフト社製の小型プロペラ機。ロングセラー機として、76カ国で使用されている。当面はTC90で、目視で海上監視にあたる。

 フィリピン海軍は、将来的にはTC90にレーダーを搭載し偵察機として利用する予定。
【編集:高橋大地】