防衛省は11日、東シナ海の公海上空で同日午前11時ごろから正午ごろにかけ、航空自衛隊のYS11EB電子測定機と海上自衛隊のOP3C画像情報収集機が、中国軍のSU27戦闘機2機に異常接近されたと発表した。

 防衛省が中国軍機による自衛隊機への異常接近を公表したのは、5月24日以来2回目。

 防衛省は外交ルートを通じて中国側に厳重に抗議した。小野寺五典防衛相が明らかにした。

 防衛省によると、中国軍戦闘機による領空侵犯はなかった。