中国軍戦闘機が自衛隊機に異常接近した件で、記者の質問に答える小野寺防衛相=25日午前、防衛省

 東シナ海の公海上空で、中国軍の戦闘機が自衛隊機2機に相次いで異常接近したことに関し、小野寺防衛相は25日午前、「常軌を逸した近接だ。偶発的な事故につながりかねない」と強い懸念を示した。防衛省で記者団の質問に答えた。

 小野寺防衛相は24日夜に安倍首相に報告し、首相からは「引き続きしっかりと態勢を取ってほしい」との指示があったことを明らかにした。

 小野寺防衛相によると、異常接近した中国軍のSU27戦闘機はミサイルを搭載。中国機への自衛隊戦闘機の対応に関しては「通常、特異な警戒監視が必要な場合はスクランブルをかける。必要な対応は今回も取った」と述べた。