中国軍機による自衛隊機への異常接近について話す小野寺防衛相(25日午前、防衛省で)=松本剛撮影

 東シナ海の公海上を飛行していた自衛隊機2機に対し、中国軍の戦闘機が異常接近した問題で、小野寺防衛相は25日、「ごく普通に公海上を飛んでいるのに近接することはあり得ない。常軌を逸した近接行動だ」と述べ、中国側の対応を批判した。

 防衛省内で記者団に語った。安倍首相からは「しっかりとした態勢をとるように」と指示があったという。