会見する菅義偉官房長官=13日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

 菅義偉官房長官は13日午前の閣議後の記者会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺文書」が登録されたことに関し、「文書が本物なのか専門家の検証を受けていない」と述べ、審議経過の不透明性や公正でない点に強い不快感を示した。

 菅氏は、南京事件の歴史的事実の認識に日中間で違いがあることを指摘した上で、日本政府として登録された文書の中身を確認できていない実態を説明。「ユネスコは国々の友好発展のために機能すべきところが、政治利用されるような仕組みだ」と批判した。