【北京=蒔田一彦、バンコク=児玉浩太郎】中国外務省は2日、南シナ海・スプラトリー(南沙)諸島の人工島に建設を進めている飛行場が完成し、滑走路に航空機を着陸させるテストを行ったことを明らかにした。

 中国と領有権を争うベトナムは同日、「主権の深刻な侵害」などとして抗議したが、中国側は「中国の主権の範囲内だ」と反論している。

 中国は同諸島のファイアリー・クロス礁で大型機が着陸可能な3000メートル級の滑走路の建設を進めており、米軍は「砂の万里の長城」などとして懸念を表明していた。中国外務省は2日、外務省のウェブサイトで華春瑩(フアチュンイン)副報道局長のコメントを公表。飛行場が完成したことを明らかにしたが、着陸した航空機については、「民間機」で軍用機ではないと主張している。