5日、マニラで記者会見するフィリピンのアキノ大統領(共同)

 【マニラ共同】フィリピンのアキノ大統領は5日、中国との領有権争いが続く南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で、埋め立て作業船が新たに2カ所の海域で活動しているのが確認されたと述べた。

 アキノ氏は作業船が中国船かどうかは明言しなかったが、フィリピン外務省当局者は5日、共同通信に対し、確認されたのは、既に中国が埋め立てを進めているマビニ礁(英語名ジョンソン南礁、中国名・赤瓜礁)で使われていたものと同じ船だと言明。国防省当局者は、作業船は新たな海域でマビニ礁の埋め立てに使う土砂を採取していたのではなく、現地で埋め立て作業を進めていると述べた。