22日、中国の短文投稿サイト「微博」に掲載された、中国新疆ウイグル自治区ウルムチで起きた爆発現場とされる写真(共同)

 【北京共同】中国新疆ウイグル自治区の区都、ウルムチ市中心部の朝市で22日午前8時(日本時間同9時)ごろ、爆発があり、同自治区の公式ニュースサイト「天山網」によると、31人が死亡、94人が負傷した。中国公安省は「重大なテロ」と断定した。

 新華社などによると、何者かが2台の車で朝市に突っ込み、人々をはねた上、車内から爆発物を投げた。うち1台は市場で爆発したという。十数回の爆発音とともに炎と煙が上がった。多くの救急車が駆け付け、当局が現場を封鎖した。

 ウルムチでは4月末、ウルムチ駅前で3人が死亡、約80人が負傷する爆発事件が発生した。