デモの起点になったとされる「ベトナム・シンガポール工業団地」の工場。デモ隊に放火されたとみられ、周囲には焼け焦げた臭いが立ちこめていた=16日、ベトナム南部・ビンズオン省(三塚聖平撮影)(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 南シナ海での中国の石油掘削作業に端を発したベトナム各地の反中デモで、起点になったとされるベトナム南部の工業団地に16日、入った。窓ガラスや柵が壊され、放火された中国企業系とみられる工場が点在し、周囲には焼け焦げた臭いが立ちこめる。日系企業の工場も一部で“とばっちり”を受けたようだ。だが、自衛のため日の丸を目立つように掲げるなどし、中には既に操業を再開している工場もあった。

 「中国人みたいなやつを歩かせるんじゃない」。ベトナム南部の商業都市・ホーチミンから車で1時間ほどの場所に位置する「ベトナム・シンガポール工業団地」。窓が割られて焼け焦げた中国系とみられる工場にカメラを向けると、ベトナム人の警備員が強い口調で止めに入った。工業団地周辺には武装した警察官の姿もあり、所々で白煙もまだ上がっているなど緊張感が漂う。

 ベトナム人の運転手が「あれは台湾の会社だ」と指した工場の門を見ると、普段は社名が書いてあるとみられる場所を布で覆い、そこには「私たちは中国企業ではありません」とベトナム語で書かれていた。