4日、中国新疆ウイグル自治区のウルムチ駅前の広場に配置された警察の特殊車両(共同)

 【香港、ウルムチ共同】中国新疆ウイグル自治区のウルムチ駅前で起きた爆発事件で、地元捜査当局は4日までに、自爆した実行犯の家族らを拘束するため、行方を追うよう求める通知を同自治区の全当局に出した。さらに懸賞金を懸けて実行犯の事件前の足取りを追うなど、全容解明に全力を挙げている。

 駅の出口付近の爆発現場では4日、到着した列車の出迎え客の間を、武装警察や特殊部隊の隊列が小銃を下げて巡回。駅前広場の出入り口にも警察の特殊車両や装甲車が配置されるなど、物々しい雰囲気が続いた。