伊豆諸島の鳥島周辺で操業する漁船の甲板で作業する乗組員たち。船には「CHINA」の文字が書かれていた=伊豆諸島の鳥島周辺で2014年10月31日午後1時52分、本社機「希望」から小川昌宏撮影

 小笠原諸島で4月ごろから確認されているサンゴ密漁目的とみられる中国漁船が、約500キロ北上し、伊豆諸島一帯で操業していることが本社機「希望」から確認された。海上保安庁によると一帯の中国漁船は30日現在164隻に上る。

 東京の南約600キロ、伊豆諸島の鳥島付近を本社機で飛行した。沖合2カ所の半径約1.5キロの海域内に、それぞれ50隻以上の不審船が所狭しと浮かんでいる。船体に「CHINA」の文字を掲げ、中国国旗をなびかせる船も。

 甲板に10人以上の漁師たちが並んでいる。各自が海中から青い網を引き上げている。本社機を見上げ笑顔を浮かべる漁師もおり、悪びれる様子は全くなかった。

 東京から1000キロ離れた小笠原近海では既に多数確認されており、日本近海の自然環境への深刻な打撃が懸念されている。【小川昌宏】