商船三井所有の鉄鉱石輸送船「BAOSTEEL EMOTION」(同社のホームページから)

 【上海共同】日中戦争勃発前年の1936年に中国の会社が日本の海運会社に貸した船舶をめぐる賠償請求訴訟に絡み、上海海事法院(裁判所)は19日、海運会社の流れをくむ商船三井(本社・東京都港区)が賠償に応じていないとして同社が所有する大型輸送船を差し押さえた。上海市当局が20日、明らかにした。

 戦後補償をめぐる訴訟で日本企業を相手にした中国当局の強制執行は初めてとみられる。日中戦争時の強制連行被害者らによる対日賠償訴訟の受理を認めるなど、対日攻勢を強める習近平指導部の意向を反映した動きの一環の可能性が高い。