19日、中国の常万全国防相(左)と握手するベトナムのフン・クアン・タイン国防相=ネピドー(新華社=共同)

 【北京共同】20日の新華社電によると、中国の常万全国防相は19日、ミャンマーの首都ネピドーで、ベトナムのフン・クアン・タイン国防相と会談した。常氏は、南シナ海での中国による石油掘削作業をベトナムが「妨害」した上、同国で中国企業に対する「重大な暴力行為」があったとして「断固たる反対と強い非難」を伝えた。

 両者は中国と東南アジア諸国連合との国防相会議に出席した。

 常氏は、西沙諸島付近での石油掘削作業が「正常な行為」であり「誰も阻止できない」とし、続ける方針を強調。ベトナム側に「過ちを繰り返すのではなく、両国の友好という大局を見据える」よう警告した。