5月18日、ベトナム当局は、南シナ海の領有権問題をめぐり、先週の反中デモで死者が出たことを受け、主要都市に警察官を多数配置し、反中デモを阻止。ホーチミンで撮影(2014年 ロイター/Peter Ng)

[ハノイ 18日 ロイター] - ベトナム当局は、南シナ海の領有権問題をめぐり、先週の反中デモで死者が出たことを受け18日、主要都市に警察官を多数配置し、反中デモを阻止した。

目撃者らによると、首都ハノイや商業都市ホーチミンでは、複数のグループが抗議デモを始めようとしたが、数分以内に何人も拘束された。

また、ベトナムの携帯ユーザーには、グエン・タン・ズン首相が治安部隊に違法行為を防ぐよう命じたとのテキストメッセージが送られた。

一方、中国政府はこれまで、3000人超の中国人をベトナムから退避させた。国営新華社によると、18日にはチャーター機2機を派遣し、負傷者を中心に約300人を四川省成都に運んだほか、船舶5隻がベトナムに向かっている。