28日、船長が逮捕された中国漁船(手前)(那覇海上保安部提供)

 那覇海上保安部は28日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じず逃走したとして漁業主権法違反(立ち入り検査忌避)の疑いで、中国サンゴ漁船の船長陳華清容疑者(60)を現行犯逮捕した。中国サンゴ漁船の船長が沖縄近海で逮捕されるのは2日連続。

 逮捕容疑は28日午後0時20分ごろ、沖縄本島の南南東約75キロのEEZで、巡視艇の停船命令を拒否して逃げた疑い。

 那覇海保は27日にも、同容疑で別の中国サンゴ漁船の船長庄勇容疑者(30)を現行犯逮捕。漁船を那覇港沖合まで移動させ、船長の取り調べを続けている。