中国艦船による火器管制レーダーの照射問題で、小野寺五典(いつのり)防衛相は7日の衆院予算委員会で、国連憲章の「武力による威嚇」に該当する可能性があると中国側を批判した。ただ、憲章上の威嚇の解釈はあいまいで、政府内に国連への提訴などの具体的な行動に出る動きは乏しい。小野寺氏の発言は「中国軍の挑発に正当性はない」と国際社会に印象づけるためだった側面が強い。