外国人漁業規制法違反の疑いで立ち入り検査を受ける中国漁船=17日午後(第10管区海上保安本部提供)

 第10管区海上保安本部(鹿児島)は17日、鹿児島県南さつま市沖の領海内でサンゴ漁をしたとして、外国人漁業規制法違反(領海内操業)の疑いで、いずれも中国漁船船長の梁菊夫容疑者(51)と何長坤容疑者(33)を現行犯逮捕した。

 2人の逮捕容疑は17日午前9時半ごろ、南さつま市の野間岬から西南西約33キロの領海でサンゴ漁をした疑い。

 10管によると、17日朝、南さつま漁業協同組合から「中国船らしき船を見かけた」と通報があり、中国漁船2隻が漁具を海中に投入しているのを海保の航空機が確認。巡視船から保安官が乗り込み、2人がサンゴの採取を認めたため、現行犯逮捕した。