5月14日、中国が南シナ海のベトナム沖に石油掘削装置(リグ)を設置し中越の緊張が高まっている問題で、米ホワイトハウスは、脅しではなく対話を通じて解決を図る必要があるの見解を示した。写真はベトナムの反中デモ(2014年 ロイター) [ワシントン 14日 ロイター] - 中国が南シナ海のベトナム沖に石油掘削装置(リグ)を設置し中越の緊張が高まっている問題で、米ホワイトハウスは14日、脅しではなく対話を通じて解決を図る必要があるの見解を示した。 カーニー報道官は定例記者会見で、米国は問題の当事者ではないとしながらも、オバマ大統領は先のアジア諸国歴訪で、中国、および南シナ海をめぐるさまざまな問題に関し、平和的対話の必要性を繰り返し強調したと指摘した。   オバマ大統領のアジア外交政策をめぐっては米国内の一部から批判が上がっている。ワシントンポスト紙は12日に論説を掲載し、南シナ海における中国の石油掘削に向けた動きへの米国対応は、レトリックに過ぎない、と指摘。 各国が協調して外交的もしくは軍事的な行動を起こさない限り、中国の一方的な行動は続く見通しで、米国とその同盟国に何らかの計画があるとしても、現時点でそれは明確に示されていない、との見方を示した。