中国浙江省舟山市の港に停泊する商船三井の鉄鉱石輸送船「BAOSTEEL EMOTION」=22日(共同)  日中戦争が始まる前に結んだ船舶賃貸契約をめぐる賠償請求訴訟に絡み、中国の上海海事法院(裁判所)に輸送船を差し押さえられた商船三井は24日までに、賠償金約29億円に金利分を加えた40億円強の供託金を中国側に支払った。中国・上海の裁判所は24日、商船三井が判決に定められた義務を全面的に果たしたとして、輸送船の差し押さえを解除した。  商船三井は、このまま差し押さえが続けば業務上の悪影響が大きくなると判断し、賠償金の支払いに応じたとみられる。輸送船は24日中に中国浙江省舟山市の港を出る見通しだ。