5月14日、フィリピン外務省は、中国が南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島のジョンソンリーフを埋め立てて拡張しようとしていると非難した。南沙諸島で2010年4月撮影(2014年 ロイター)

[マニラ 14日 ロイター] - フィリピン外務省は14日、中国が南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島のジョンソンリーフを埋め立てて拡張しようとしていると非難した。外務省は、滑走路を建設しようとしているのではないか、としている。

フィリピン外務省のスポークスマンは、ロイターに対して、中国はここ数週間、ジョンソンリーフに土などを搬入、陸地を拡張しようとしており、南シナ海における非公式の行動規範に違反していると述べた。

外務省は既に中国に抗議、ミャンマーで週末開いた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の非公式会合でも問題を提起したという。