「アジア安全保障会議」に出席し、講演する安倍首相=30日、シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】安倍晋三首相は30日夜、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で講演し、海洋進出を活発化させる中国を念頭に「既成事実を積み重ね、現状の変化を固定しようとする動きは強い非難の対象とならざるを得ない」とけん制した。国際法順守を柱とした「法の支配3原則」を打ち出し、中国に自制を促した。集団的自衛権の行使容認に向けて検討を進めていると説明し、理解を要請した。

 会議にはアジア太平洋地域を中心とする各国の防衛担当閣僚らが参加した。日本の首相が出席するのは初めてで、東シナ海と南シナ海で権益拡大を図る中国に対して包囲網を構築したい思惑もある。