5月31日、ヘーゲル米国防長官は、南シナ海で領有権を主張する中国に対し、地域を不安定化させる行動を控えるよう警告。代表撮影(2014年 ロイター)

[シンガポール 31日 ロイター] - ヘーゲル米国防長官は31日、シンガポールで開催されているアジア安全保障会議で演説し、南シナ海で領有権を主張する中国に対し、地域を不安定化させる行動を控えるよう警告した。

ヘーゲル長官は演説で、米国が軍事・外交の軸足をアジア太平洋に移す「リバランス(再均衡)」政策に注力しているとし、国際秩序の根本的原理が脅かされることになれば、「見て見ぬふりはしない」と強調した。

同長官は「ここ数カ月の間、中国は南シナ海での領有権を主張し、地域を不安定化させる一方的な行動を取ってきた」と批判。「威嚇や軍事力を通じた領有権の主張には断固として反対する」と述べた。