5月22日、米ホワイトハウスのベントレル報道官は、南シナ海領有権問題をめぐりベトナムが中国に対して法的措置を取ることを米国は支持する立場を示した。写真はホーチミンで行われた反中デモ。18日撮影(2014年 ロイター/Peter Ng)

[ワシントン 22日 ロイター] - 米ホワイトハウスのベントレル報道官は22日、南シナ海領有権問題をめぐりベトナムが中国に対して法的措置を取ることを米国は支持する立場を示した。

インタビュー:中国との対立、比の提訴事例を注視=ベトナム副首相

ベトナムのグエン・タン・ズン首相は、中国に対し法的措置を含むさまざまな「防衛上の選択肢」を検討中としており、米国の支持は中国の反発を招く公算が大きい。

ベントレル報道官は同首相のコメントに関する質問に対し「平和と安定、国際法の尊重、制限のない合法的な貿易、南シナ海の航行と上空の飛行の自由を保つことは米国の国益にかなう」と指摘した。

その上で「対立を解消するために外交や仲裁などの国際的な枠組みを含む平和的手段を用いることを米国は支持する」と述べた。