政府は9日未明、中国軍艦1隻が沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内に入ったと発表した。

 中国軍艦が尖閣周辺の接続水域内に入ったことが確認されたのは初めて。政府は同日未明、中国の程永華(チョンヨンフア)駐日大使を外務省に呼び出し、斎木昭隆外務次官が厳重に抗議した。中国軍艦は領海には侵入せず、約2時間20分間航行後、接続水域を出た。ロシア軍艦3隻も中国軍艦に先行して尖閣周辺の接続水域内を航行した。政府関係者によると、ロシア軍艦を追尾して海上自衛隊の護衛艦が接続水域内に入り、中国軍艦が対抗して同水域内に入ったとの見方がある。

 政府は両国軍艦の警戒と監視を続けながら、両海軍の意図や動きの関連性について、分析を進める。