5月29日、中国の政府系シンクタンク、南海研究院の呉士存院長は、ベトナムが領有権を主張している南シナ海で中国側が進めている資源探査について、商業生産が可能なガス田を発見できる可能性が高いとの見方を示した。14日撮影(2014年 ロイター/Nguyen Minh)

[香港 29日 ロイター] - 中国の政府系シンクタンク、南海研究院の呉士存院長は、ベトナムが領有権を主張している南シナ海で中国側が進めている資源探査について、商業生産が可能なガス田を発見できる可能性が高いとの見方を示した。

中国側が生産に踏み切れば、両国の対立が長期化する恐れがある。

中国側はこれまで探査結果を明らかにしていない。探査を進めている国営・中国海洋石油総公司は8月中旬まで探査を続ける方針を示している。

呉士存院長は「現在掘削している海域は、ガス田である可能性が高い」と指摘。「中国はかなりの自信を持っている。そうでなければ掘削を始めない」と述べた。