中国のドンディアオ級情報収集艦(防衛省提供)

 防衛省は15日、中国海軍の情報収集艦1隻が同日午前3時半ごろ、鹿児島県・口永良部島西の領海に侵入したことを確認したと発表した。

 中国軍艦艇が日本の領海に侵入したのは、2004年に中国軍潜水艦が沖縄県の石垣島周辺で確認されて以来2回目。政府は、中国軍の意図について分析を進める。

 防衛省によると、ドンディアオ級情報収集艦は約1時間半、領海内を南東に進み、15日午前5時ごろに鹿児島県の屋久島南で領海外に出た。海上自衛隊のP3C哨戒機が領海侵入を確認し、領海外へ出るよう警告を行った。

 国際法上は、他国の領海内でも沿岸国の秩序などを害さない「無害通航」であれば、船舶の航行が認められている。防衛省は今回、自衛隊による海上警備行動を発令しなかった。

 防衛省によると、ほぼ同じ時刻に同海域を日米印3カ国の共同訓練に参加するインド軍艦が航行しており、中国側が共同訓練に関する情報収集活動を行っていた可能性もある。

 これを受け、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は15日午前、在日中国大使館の次席公使に対し、中国軍の活動全般への懸念を申し入れた。

 世耕弘成官房副長官は、この後の記者会見で「政府としては引き続き、わが国周辺の海空域における警戒監視活動に万全を期す」と強調。情報収集艦の目的については、「現時点で確たることを申し上げるのは控えたい」と述べるにとどめた。