シンガポールで米越防衛相会談の開始前に握手する米国のチャック・ヘーゲル国防長官(左)とベトナムのフン・クアン・タイン国防相(2014年5月31日撮影)。

【AFP=時事】米国のチャック・ヘーゲル(Chuck Hagel)国防長官は31日、シンガポールで開かれているアジア安全保障会議(シャングリラ会合)で講演し、南シナ海(South China Sea)で「安定を損なう行動」を取らないよう中国に警告した。

 ヘーゲル氏は米国はアジアの同盟国・友好国への関与を続けると強調。海の領有権争いの平和的な解決を呼び掛け、「中国はここ数か月、南シナ海での主張を通すために安定を損なう、一方的な行動を取っている」と述べ、アジア安全保障会議に国の代表として軍の高官を送り込んいる中国に遠慮のないメッセージを送った。

 ヘーゲル氏は、米国はいずれかの国に肩入れをすることはないが、「ある国が自らの主張を押し通すために、威嚇、強制、軍事的圧力を使うことには断固として反対する」と述べた。