会談冒頭にマレーシアのナジブ・ラザク首相(左)と握手する安倍晋三首相=首相官邸で2014年5月21日午後7時2分、藤井太郎撮影

 安倍晋三首相は21日、マレーシアのナジブ首相と首相官邸で会談した。両首相は海上保安分野の人材育成など、安全保障協力を促進することで合意。中国とベトナムの艦船衝突で緊張が高まる南シナ海情勢に関し、国際法に基づいた問題解決を目指すべきだとの認識で一致した。

 また、安倍首相はマレーシアが2020年の完成を目指す高速鉄道に日本の新幹線技術を導入するよう要請。ナジブ氏は「近く国際入札があるので日本企業の参加を期待している」と応じた。

 また、安倍首相は、集団的自衛権の行使容認など安全保障政策の見直しを検討していることを説明した。【佐藤慶】