羽田空港を出発する安倍首相=3日午後

 安倍首相は3日午後、ベルギー、イタリア、バチカンの欧州3カ国訪問に向け、羽田空港を政府専用機で出発した。4、5両日にベルギー・ブリュッセルで開かれる先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)に出席。海洋の航行や上空飛行の自由をめぐり、国際社会が「法の支配」を順守するよう求める。首脳宣言に盛り込むことも参加国に呼び掛ける。東シナ海と南シナ海で権益拡大を図る中国を念頭に、名指しを避けながらけん制する狙いだ。

 首相は出発に先立ち、記者団に「率直な議論を展開したい。ウクライナ、アジア情勢については地球儀を俯瞰する観点から日本の立場、私の考えを述べたい」と強調した。