5月30日、安倍晋三首相はシンガポールで始まった「アジア安全保障会議」で講演し、中国と対立するベトナムなどASEANの沿岸警備能力構築を全面支援する方針を明らかにした。写真は同日、シンガポールで講演する安倍晋首相(2014年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール/東京 30日 ロイター] - 安倍晋三首相は30日、シンガポールで始まった「アジア安全保障会議」で講演し、中国と対立するベトナムなどASEAN(東南アジア諸国連合)の沿岸警備能力構築を全面支援する方針を明らかにした。また、日中間の偶発的な衝突防止に向けた態勢作りを中国に呼びかけた。

安倍首相は講演で、これまでも繰り返してきた国際法順守の重要性を改めて強調。「国際法に照らして正しい主張をし、力や威圧に頼らず、紛争はすべからく平和的に図るべき」と訴えた。

その上で、西沙諸島付近で石油掘削に乗り出したり、南沙諸島で環礁を埋め立てるなどしている中国の動きを念頭に、国際法の範囲で解決を模索する「フィリピンの努力を私の政府は強く支持する」と表明、「ベトナムが対話を通じて問題を解決しようとしていることを同様に支持する」と語った。さらに「ASEANと中国の間で、真に実効ある行動規範ができるよう期待してやまない」と述べた。