シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ会合)で、会談に先立って写真撮影に応じる(左から)チャック・ヘーゲル米国防長官、デービッド・ジョンストン豪国防相、小野寺五典防衛相(2014年5月30日撮影)。

【AFP=時事】オーストラリアのデービッド・ジョンストン(David Johnston)国防相は、中国が南シナ海(South China Sea)の「安定を損なっている」と非難したチャック・ヘーゲル(Chuck Hagel)米国防長官の談話への支持を表明した。

米国防長官が中国批判、「安定を損なう」

 ヘーゲル米国防長官は先月31日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ会合)で「中国はここ数か月、南シナ海での主張を通すため、安定を損なう一方的な行動を取っている」と非難した。会議冒頭では日本の安倍晋三(Shinzo Abe)首相も、暗に南シナ海・東シナ海における中国の行動を示唆しつつ関係各国に「法の支配」の尊重を求めた。