スカボロー礁(写真:産経新聞)

 【シンガポール=吉村英輝】フィリピンのロレンザーナ国防相は4日、南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)に、中国海警局の公船4隻や埋め立て用とみられる作業船、軍の輸送艦など、計10隻の中国船が集結していることを確認したとして、「深刻な懸念」を表明した。フィリピン外務省が駐マニラ中国大使に説明を求めたという。ドゥテルテ政権が掲げる中国との融和路線が転換を迫られる可能性もある。

 スカボロー礁は、フィリピン北部ルソン島の沖約200キロに位置し、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にあるが、中国が2012年から実効支配している。オランダ・ハーグの仲裁裁判所は7月、南シナ海での中国の主権主張を全面的に退け、同礁周辺で中国が行っている比漁船への妨害を不法と認定した。

 中国が、6日からラオスで始まる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議を前に、同裁定を無視し、力による同礁支配を進める姿勢を誇示することを狙った可能性もある。

 中国はすでに、南のスプラトリー(南沙)諸島、西のパラセル(西沙)諸島の軍事拠点化を進めており、スカボロー礁も埋め立てれば、南シナ海のほぼ全域での覇権確立に向けた拠点構築が実現に近づく。

 同礁は、米軍の艦船も頻繁に寄港するスービック港や首都マニラに近く、カーター米国防長官は4月、中国の行動は「軍事衝突を引き起こしかねない」と懸念を表明している。