フィリピン国防省が南シナ海のスカボロー礁周辺で3日に撮影した中国のしゅんせつ船の画像として、4日に公開した1枚

 【台北=向井ゆう子】フィリピン政府は4日、南シナ海のスカボロー礁周辺で、中国が埋め立て準備の動きを活発化させていると明らかにした。

 ピニョール農相によると、ドゥテルテ大統領は閣僚らと同日、地元ダバオ市で安全保障会議を開催。その席でロレンザーナ国防相が、軍が3日に同礁付近で中国船を撮影したと報告した。中国海警局の船のほか、土砂を掘削するしゅんせつ船が見られたという。しゅんせつ船の投入は、人工島建設を行い、滑走路を含む軍事施設を整備するためのものとの見方を示した。

 スカボロー礁は、米軍の軍事拠点でもあるフィリピン・スービック港から約220キロの要衝だが、中国が2012年から実効支配している。中国が埋め立てに着手するかどうかが焦点となっている。