会談を行う安倍首相(左端)と中国の李克強首相(右端)(15日午後、モンゴル・ウランバートルで)=安川純撮影

 【ウランバートル=有泉聡】安倍首相は15日、モンゴルの首都ウランバートルで、中国の李克強(リークォーチャン)首相と会談し、南シナ海の中国の主権主張を否定した仲裁裁判の判決を踏まえ、法の支配に基づいて、紛争を平和的に解決するよう求めた。

 中国側によると、李首相は南シナ海に関する日本の対応を批判した。

 両首相の会談は、昨年11月、ソウルで行われて以来8か月ぶりで、約30分間行われた。

 会談の冒頭、李首相は「歴史をかがみとし、未来に向かう精神で安定的な関係に向けた努力をしてほしい」と話した。安倍首相は「日中間には依然として難しい問題があるが、前向きに取り組みたい」と語った。